CRESTクリプトマス ポスト量子社会が求める高機能暗号の数理基盤創出と展開

EN

GROUP グループ

KUNIHIRO GROUP國廣グループ

研究題目

ポスト量子暗号に対する物理攻撃モデルの研究

研究概要

実社会環境下での暗号の安全性評価の研究を進める.まず,現代暗号に対する理想的ではない量子計算機を用いたときの安全性評価を行う.特に,量子誤りがあり,量子ビット数が制限されているときの素因数分解,離散対数問題を解く回路構成の提案を行う.さらに,格子暗号に代表される耐量子計算機暗号に対するサイドチャネル情報を用いる攻撃下での安全性評価を行う.特に,実装上,高速化のため多くの工夫が行われるが,その安全性は必ずしも明らかではない.そのサイドチャネル攻撃に対する耐性について調査する.

國廣 昇教授

筑波大学システム情報系

Web sitehttps://www.crisec.cs.tsukuba.ac.jp/kunihiro/

篠原 直行研究マネージャー

NICTサイバーセキュリティ研究所

 

縫田 光司教授

九州大学マス・フォア・インダストリ研究所

Web sitehttp://www2u.biglobe.ne.jp/~nuida/m/

高安 敦講師

東京大学大学院情報理工学系研究科

Web sitehttps://sites.google.com/site/atsushitakayasu1985/about

Page Top